院長紹介

HOME > 院長紹介

中武眼科クリニック 院長紹介

院長:中武 純二

院長:中武 純二
昭和28年6月23日穂波町生まれ。
昭和41年飯塚小学校を卒業。鹿児島のラ・サール中、高校へ進学し、昭和48年九州大学医学部入学。
平成5年12月9日、約30年ぶりに飯塚に帰り、当地に眼科クリニックを開業いたしました。
それから約24年、多くの患者様を診察、手術させていただき大変感謝いたしております。
アメリカ留学中に学びましたことは、眼科疾患の中でも、角膜、緑内障、網膜硝子体疾患など、専門が分かれている事です。
一般眼科診療および白内障手術以外では、私は糖尿病網膜症を中心とした網膜硝子体疾患を専門としており、副院長の水木 健二先生は角膜疾患、二宮 真智子先生は網膜硝子体をそれぞれ専門としております。
毎週水曜日に診察しております舩津 淳先生は緑内障が専門です。連携先の九州大学病院眼科やJCHO九州病院眼科、飯塚病院眼科の先生方も非常勤として勤務され、私のクリニックでは、眼科疾患すべてにわたり専門分野領域全体を網羅いたしております。
眼の疾患でお悩みの方お気軽に、ご来院、ご相談ください。
2017年4月より、当クリニックは「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障に係るものに限る)」の「先進医療施設」として認定されました。
これにより多焦点眼内レンズでの手術以外の費用(診察、検査、薬代等)には保険が適用されます。 医療保険や生命保険で先進医療特約に加入されている方は、手術給付金が支給されることがあります。 当クリニックで先進医療をお受けになる際は、あらかじめ加入している生命保険会社にお問い合わせいただき、保険会社ごとの給付の対象範囲や契約内容をご確認下さい。 自由診療としてドイツ オキュレンティス社で開発された完全オーダーメイドのレンズで「Lentis レンティス」は乱視矯正も可能です。 当クリニックではレンティス価格を50万円(乱視なし)に設定いたしました。 多焦点眼内レンズにつきましてもお気軽にお問い合わせ下さい。 平成29年6月20日  記  院長 中武 純二
























 

 

経歴

 
昭和54年3月九州大学医学部卒業

 
昭和54年6月 九州大学医学部 眼科学教室入局(研修医)
昭和55年12月 国立小倉病院 眼科勤務
昭和56年4月 九州大学医学部眼科臨床大学院入学(解剖学)
昭和60年3月 九州大学医学部眼科臨床大学院 卒業
昭和60年4月 九州大学医学部眼科勤務(助手)
昭和61年4月 北九州市立門司病院眼科勤務(副医長)
昭和63年4月 九州大学医学部眼科勤務(助手)
平成元年4月 飯塚病院眼科勤務(部長代理)
平成元年4月 九州大学医学部眼科非常勤講師
平成元年11月 米国デューク大学眼科 網膜硝子体 リサーチ、フェロー
平成3年10月 熊本市 出田眼科病院勤務
平成5年10月 熊本市 出田眼科病院退職
平成5年12月 中武眼科クリニック院長
平成22年4月 筑豊ブロック眼科医会会長

免許・資格

 
昭和54年5月医師免許証(245082)

 
昭和61年3月 学位取得(医学博士 甲)
平成元年4月 眼科専門医(登録 No.002616)